父の単身赴任を出来るだけ安く済ませました。

 

に京都から横浜に単身赴任する事が決まりました。

 

父本人は荷物が少ないからとのんびりしており引越しの日時も決めてない状態でした。

 

普段から家の事は全て家族に任せっきりで引越しの大変さを知らないのです。

 

 

要るものや何日から入居出来るか聞いても、空返事なので単身赴任は嘘なのかと思ったほどです。

 

 

家具付きのマンションに入居を予定していたようですが、本人が思ってたよりも高かったようです。

 

 

本人は引越し業者を呼ぶ予定もしてたようですが、もちろん料金は調べてませんでした。

 

 

父と交渉し引越し業者を使わない方法で安く出来たら差額分をくれると約束したので、気合がかなり入りました。

 

家電はないのでネットで購入し赴任先に着くようにしました。

 

もちろん送料はかからないところを選んでます。

 

荷物自体が思ってたよりも少なく服と下着、タオル類で食器などは自分で買うとのこと。

 

引越しパックを使うまでもなくダンボール小さめが2.5箱でした。

 

 

結局郵便局に持ち込みゆうパックで送りました。

 

 

荷物を合体させると安くなると局員の方がアドバイスを下り、持込割引で更に安くなりました。

 

単身パックだと10-15万だったのですが、さすがに父に悪く思い3万円を貰いました。

 

一応家電などの手配はしましたので貰う権利はあると思います。

 

結局は一人暮らしで寂しくなると思い、3万は春物のセーターと簡単に作れる食材を買い箱に詰め込んで送りました。