私は今までに、単身で、10回近く引っ越しをしてきました。

 

今考えると、最初の引っ越しの時は、仕事の忙しさからやることが後手後手になってしまい引っ越し直前に徹夜が続いて大変だったことを思い起こします。

 

 

もちろん、結婚していれば、手分けしてできるのですが、単身者はそうも行きません。

 

 

そういう訳で単身者は、まず最初に、徹底的に情報を集めてしっかり計画を立てることが重になります。

 

 

順番が狂うとやり直す羽目になるので見切り発車だけは注意が必要です。

 

そこで、

 

引っ越し業者の選定とサービス内容の確認

 

各種手続き

 

引っ越し先の詳細な情報の把握(買い物できる場所・役所の場所・ごみの収集日・窓枠のサイズ・ガス台の種類と大きさ・家電や家具を置くスペース)、

 

ごみの収集日の再確認(粗大ごみ・資源ごみ・家庭ごみ)

 

全て早めに決めてしまうと楽です。

 

特に、引っ越し業者との作業の打ち合わせと、粗大ごみの処理計画ははじめに済ます必要があるでしょう。

 

しかし、なかなか判断できないのが、持って行く物と捨てる物の区別です。

 

ここで時間がかかってしまうと、部屋整理が前に進まなくなります。

 

もし、どうしても迷うときは、断捨離の本を活用してみるのがお薦めです

 

 

また、初めての引っ越しは分からないことだらけなので、経済的に余裕があれば、引っ越し業者のオプションサービスを利用したほうが良いでしょう。

そうすれば、心に余裕ができて、何かあったときでも対処しやすくなるはずです。

 

単身者の引っ越しは、考えることがたくさんあるので、計画性を持って行動することがポイントになります。

 

落ち着いて、一つ一つ片づけるように心掛けましょう。